Manbouの極秘SEOメルマガ登録はこちら

Manabouのメルマガにご登録いただけましたら、サイトでは公開できない極秘SEO情報や選りすぐりの商材情報などをお届けします。

お名前
メールアドレス

当サイトからご購入の方への特典

当サイトから特定の商材のご購入を行っていただいた方には特別特典をプレゼント致します。
①SIRIUS追加レスポンシブテンプレート『Aile』(アイル)
②WordPressテンプレート
③サイト管理システム
④その他諸々
>詳しくはこちら

【コンテンツスカウターZ】先行入手で使い倒した7つのポイントとは?これでSEO順位が上がる!

コンテンツスカウターZがいよいよ先行発売

いよいよアナウンスがはじまり、先行販売が開始となりました。

価格は月額1980円。2月16日の23:59分で実質値上げとなりますので、早めの申し込みがオススメです。

http://cwapromotion.net/csz/lp/cwa/

コンテンツスカウターZはCBAにて先行利用が出来た

実はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、横山さんの『Catch the Business Academy(以下CBA)』に入られている方は先に配られており利用できているんですね。

コンテンツスカウターZが出たときには、あっCBAに入っておいて良かった。という感じでした。何しろ、コンテンツを作る上で僕が指標にしているデータが入手できてしまうツールだったのですから。

インターフェイスはPandora2とほとんど一緒。

このインターフェイス見たことありませんか?

そう、『Pandora2』です。

Javaランタイムで動く環境を見ると、メインのエンジンはPandora2を流用といったところでしょうか。

パンドラ2がかなり洗練されていたので個人的にはOKですが毎日立ち上げるもんだから、もうちょい今っぽいデザインで欲しかったかな。

コンテンツスカウターZの利用に必要な環境

以下、コピペですみません。

実行環境

Java Version 8.0 以降が動作する環境
※通常、Windows、MacOS X ともに最初からインストールされています
アップデートがある場合には、基本的に最新バージョンのJava実行環境で、動作させてください

推奨ハードスペック

CPU:Intel PentiumⅢ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
メモリ:256 MB (512MB 以上を推奨)
ハードディスク:
インストール時に必要なハード ディスク空き領域:20 MB
必要なハード ディスク空き領域 :200 MB程度 (一時ファイル量により変化)
ディスプレイ: 解像度1024 x 768以上推奨

オペレーティング システム

Windows
Microsoft Windows 8(推奨)
32bit 64bit対応
Microsoft Windows 7(推奨)
32bit 64bit対応
Microsoft Windows VISTA(推奨)

Mac OS X
Mac OS X 10.7.3+、0.8.3+、10.9+を実行するIntelベースのMac

まとめ

WindowsでもMacでも使えるのは重宝しますね。
Windows版はEXE方式でインストールできるので安心、JAVA版は少し安定しないような感じが。。

僕がコンテンツスカウターZの先行入手で使い倒した7つの機能

とにかくコンテンツSEOでの競合調査にはなくてはならないツールでしたので、ほぼ毎日立ち上げていますw

特に使っている機能は以下の7つ

  1. サジェストの取得
  2. クエリに対するライバルの平均文字数から、外注へ発注する記事の文字数を指定
  3. 見出構成を引っ張ってくる
  4. ライバルサイトの単語集計から、必要キーワードをざっくり抽出
  5. クエリに対して含有タグでアフィリエイトサイトを抽出して、参入キーワードを決定
  6. ライバルサイトのSNSリンク具合を確認

これらは自社でサイト立ち上げ時の初期SEOを行うすべてのノウハウになるので、以下で公開できる範囲で公開していきたいと思います。

サジェストの取得

当たり前ですが、コンテンツスカウターZにてサジェストの取得から入ります。

そこらにある無料のサジェスト取得でいいんじゃん、と思ってるあなた!
取得できる範囲がまるで違うので以下の設定をオススメします。

ただおそらく、総当たりに近い形でGoogleからサジェストを引っ張ってくるのでめちゃくちゃ遅いですw

 

僕の場合はWindowsのVPSサーバーにインストールして、1日~2日寝かせておいて利用しています。

VPSが無い場合は使ってないノートパソコンとかでも良いでしょう。

 

このサジェストの取得範囲だけでライバルとの差がつくポイントですので、時間・経費をケチってはいけません。

 

また、キーワードプランナーやAhrefsのCSVデータも用意しておいて結合させて使とより広いクエリが拾えるのでオススメです。

クエリに対するライバルの平均文字数から、外注へ発注する記事の文字数を指定

これすごいですね。

単発のツールで作ろうと思っていたものがそのままできているので経費がだいぶ浮きました。
参入するクエリが決まったら、まずはコンテンツスカウターZで10位以内の平均文字数を調査。

平均文字数が少ない(5000以下)ところは比較的参入しやすいですが、10000文字とかになると結構しっかりしたコンテンツとサイト構成にしないと上がりません。

見出構成を引っ張ってくる

クエリに対する検索順位1~10位のHタグを抜いてきてくれるので、他のサイトがどんな構成で記事を書いているのかまるわかり。

つまりこれを●●して、●●してあげれば。。。

ライバルサイトの単語集計から、必要キーワードをざっくり抽出

次に単語集計から、必要キーワードを抽出してきます。

この単語集計でサジェストでは拾えなかったような意外なキーワードが見つかったりするので、サーチコンソールからキーワードを調査するような要領で探していきます。

『ALPHA(アルファ)』WordPress&SIRIUSテンプレートってどうなの?※先行販売購入後レビュー&評価

alpha%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1

遂に発売された、未来派野郎hiroさんのWordPressテンプレートを購入しました。

ランディングページ:http://alpha-wp.com/index.html

テンプレート名:ALPHA(アルファ)
内容:WordPress&SIRIUSテンプレート
発売元:株式会社パロリーブル 加藤 洋(未来派野郎hiro)
所在地: 〒981-3205 仙台市泉区紫山4-22-9
価格: 22,800円(税込み)

あの有名な商材、ルレア(LUREA)もご存じの方も多いでしょう。
過去のテンプレートでは、

・Refine Snow(リファインスノー)
・Refine Pro 2(リファインプロ2)
・Refine Selection(リファインセレクション)

などが非常に有名ですね。当サイトのテンプレートでも『Refine Pro 2』を利用させて頂いております。

非常にカスタマイズ性が高く、ショートコードも充実していることから正直かなり多くのテーマを使っている私もこのリファインシリーズは最も使用頻度の高い物となっています。

今回のALPHA(アルファ)テーマの素晴らしい点は?

今回のテーマの目玉機能

やはり『自動アップデート機能』と『子テーマ』かなと感じています。

今まではサポートサイトで更新ファイルをダウンロードしてきて適用という面倒な手順を取らなければならなかったのですが管理画面から1クリックで更新でき、子テーマを編集することで独自のPHP・HTML・CSSでのカスタマイズが可能というところ。

恐らくコアのファイルのみの更新になるので、子テーマには影響がなく常に最新に状態で使えるというのもポイントの1つでしょう。

さらにSIRIUS(シリウス)の追加用テーマも付いてくるという事ですのでお買い得感も抜群です。

ショートコードがビジュアルエディタから入力出来る

あれ?これってRefine Pro2に機能付いてたっけ!?と思ったら、付いていないですね。
ビジュアルエディタの左上にこんな感じのウィンドウが出てくるのでイチイチショートコードのウィンドウを他に表示しておいて・・という手間がなくなるので便利です。

appha%e6%a9%9f%e8%83%bd

個人的にはEvernoteに全部記録してるので、どちらでも良いですがw

コードが軽くなった!?

以前のRefinePro2では、PHPでCSSを動的に制御する箇所が非常に多かったのです。
これ、実はサーバーにめちゃくちゃ負荷がかかるし重くなるんです。

ALPHA(アルファ)では、なかなか減らしてくれたという感じです。

Google のPageSpeed Insightsの点数稼ぎ=早くなってコンバージョン増&SEO効果?もありそうなので、まだまだ改善の余地はありかなといった感触です。

具体的には、JAVA関連のフッター読み込み&非同期+可能ならCSSもフッターで読ませるか少ないCSSはインライン化して欲しい。まぁ、どうせ自分でやるだけだけど・・・

コピペコード(部品スタイルシート)が増えたよ!

帯見出しとか、結構おしゃれで良い感じ。

コンバージョンボタンも今風になっていて、とても好感触だけどもうちょい種類が欲しいかも。

イラスト+吹き出しは、自分で画像探さないといけなくなった&Refineのが結構好きだったので少しマイナス。。

ショートコード→普通のHTMLコードにしたのは、どうかなー。
HTMLエディタでイチイチ入力しないといけないのはバツ。しかし、ディスクリプションとかにショートコードが入るより、こっちの少しましかも。

今回のALPHA(アルファ)テーマの少し気になるポイント

ALPHA(アルファ)テンプレートの先行購入にあたり、気を付けておきたいポイントと気になることをまとめました。

他のテンプレート(RefinePro2含む)から変更する前に必ず行っておきたいとこ

・ウィジェットを『使用停止中のウィジェット』に退避させておく。
・全WordPressのデータをプラグインなどでバックアップしておく→『All-in-One WP Migration』などが簡単でオススメ。

ウィジェットは、最悪中のデータが消えてしまう可能性があるのでめちゃくちゃ注意が必要です。

自動アップデート機能を過信しないこと

『自動アップデート機能』ですが、便利さ故に少しコードの記述をミスしてサーバーに上げてしまうと、更新を行った全ユーザーのサイトが表示されなくなるという不具合が生じます。
これに関してはWordPressの公式無料テンプレートでも何度も起こっている問題で、調整が非常に難しいです。
利用するユーザーのサーバー環境なども考慮した上でコードを書かないといけないので管理者側の負担が非常に増えるというわけですね。

もちろんトラブルが起こった後でも、FTPで対象のテーマを削除して旧バージョンのテーマを上げなおすという手順を利用者が踏めれば問題無いのですが当然、ユーザー側はサイトが表示されなくなるので焦ります。

事前に、ツール(プラグイン)を使ってバックアップを取ってからアップデートをかけるといった手順が今のところベストな対策です。
→11月24日の先行購入後に判明しましたが、専用プラグイン経由でのアップデートが可能とのこと。もしかしたら自動アップデートのミスを回避する何かを設定されている可能性もありますね。→解析が面倒で途中で辞めましたw

ALPHA(アルファ)テーマのまとめ

少し気になるところもありますが、管理者側で徹底した管理をすれば問題はほぼ起きないでしょう。
楽しみなテーマだけにまずは11月の先行販売待ちですね。11月の販売で購入後にまたレビューさせていただきたいと思いますのでお楽しみに♪

2016-11-21更新

11月24日(木)19:00~先行販売が開始とのことです!今回購入できる条件としては

・モニター応募者
・リファインPro2の購入者
・リファインセレクションの購入者

一般販売は12月頃の予定になるそうです。

2016-11-24更新

ALPHA(アルファ)テンプレート、先行入手いたしました。
現在、テストサーバーにて動作確認等を行っております。

2016-12-08更新

ALPHAの一般販売が開始されました。
当サイトからご購入の方には、オリジナルSIRIUSテンプレートなどの特典が付きます。

【特典用】SIRIUS(シリウス)追加テンプレート 『Aile(アイル)』 特典リリースのお知らせ!※レスポンシブ対応

2016-11-01更新

前々からお伝えしておりました、SIRIUSの追加テンプレート第一弾が遂にリリースです!

第一弾は、金融系・企業系にも使えるオールジャンルなテンプレート!

名称:「Aile(アイル)」

【仕様】

・レスポンシブ対応
・2カラム(右カラム&左カラム)のみ
・カラーはブルーのみ

※カラム・カラーは徐々に増やしていく予定です。

当サイトにて以下の情報商材・テンプレート・ソフトウェアをご購入頂いた方の特典としてお配りします。

・ALPHA(アルファ)テンプレート
・LUREA plus(ルレアプラス)
・Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)
・「SIRIUS」(上位版・通常版)
・Pandora2「買い切り版」
・エッジプラス1テンプレート
・PSW_Ver2
・賢威

何故、特典としてお配りするかとご存知の方は分かるかと思いますが上記の商材は数ある商材の中でも本当に有用です。

テンプレートとしてだけではなく商材の再現にも、是非活用して頂ければ幸いです。

テンプレート更新履歴

2016-10-20:テンプレートの特典配布を開始しました。
2016-11-01:左カラム版を追加しました。