当サイトからご購入の方への特典

当サイトから特定の商材のご購入を行っていただいた方には特別特典をプレゼント致します。
①SIRIUS追加レスポンシブテンプレート『Aile』(アイル)
②WordPressテンプレート
③サイト管理システム
④その他諸々
>詳しくはこちら

【コンテンツスカウターZ】先行入手で使い倒した7つのポイントとは?これでSEO順位が上がる!

コンテンツスカウターZがいよいよ先行発売

いよいよアナウンスがはじまり、先行販売が開始となりました。

価格は月額1980円。2月16日の23:59分で実質値上げとなりますので、早めの申し込みがオススメです。

http://cwapromotion.net/csz/lp/cwa/

コンテンツスカウターZはCBAにて先行利用が出来た

実はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、横山さんの『Catch the Business Academy(以下CBA)』に入られている方は先に配られており利用できているんですね。

コンテンツスカウターZが出たときには、あっCBAに入っておいて良かった。という感じでした。何しろ、コンテンツを作る上で僕が指標にしているデータが入手できてしまうツールだったのですから。

インターフェイスはPandora2とほとんど一緒。

このインターフェイス見たことありませんか?

そう、『Pandora2』です。

Javaランタイムで動く環境を見ると、メインのエンジンはPandora2を流用といったところでしょうか。

パンドラ2がかなり洗練されていたので個人的にはOKですが毎日立ち上げるもんだから、もうちょい今っぽいデザインで欲しかったかな。

コンテンツスカウターZの利用に必要な環境

以下、コピペですみません。

実行環境

Java Version 8.0 以降が動作する環境
※通常、Windows、MacOS X ともに最初からインストールされています
アップデートがある場合には、基本的に最新バージョンのJava実行環境で、動作させてください

推奨ハードスペック

CPU:Intel PentiumⅢ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
メモリ:256 MB (512MB 以上を推奨)
ハードディスク:
インストール時に必要なハード ディスク空き領域:20 MB
必要なハード ディスク空き領域 :200 MB程度 (一時ファイル量により変化)
ディスプレイ: 解像度1024 x 768以上推奨

オペレーティング システム

Windows
Microsoft Windows 8(推奨)
32bit 64bit対応
Microsoft Windows 7(推奨)
32bit 64bit対応
Microsoft Windows VISTA(推奨)

Mac OS X
Mac OS X 10.7.3+、0.8.3+、10.9+を実行するIntelベースのMac

まとめ

WindowsでもMacでも使えるのは重宝しますね。
Windows版はEXE方式でインストールできるので安心、JAVA版は少し安定しないような感じが。。

僕がコンテンツスカウターZの先行入手で使い倒した7つの機能

とにかくコンテンツSEOでの競合調査にはなくてはならないツールでしたので、ほぼ毎日立ち上げていますw

特に使っている機能は以下の7つ

  1. サジェストの取得
  2. クエリに対するライバルの平均文字数から、外注へ発注する記事の文字数を指定
  3. 見出構成を引っ張ってくる
  4. ライバルサイトの単語集計から、必要キーワードをざっくり抽出
  5. クエリに対して含有タグでアフィリエイトサイトを抽出して、参入キーワードを決定
  6. ライバルサイトのSNSリンク具合を確認

これらは自社でサイト立ち上げ時の初期SEOを行うすべてのノウハウになるので、以下で公開できる範囲で公開していきたいと思います。

サジェストの取得

当たり前ですが、コンテンツスカウターZにてサジェストの取得から入ります。

そこらにある無料のサジェスト取得でいいんじゃん、と思ってるあなた!
取得できる範囲がまるで違うので以下の設定をオススメします。

ただおそらく、総当たりに近い形でGoogleからサジェストを引っ張ってくるのでめちゃくちゃ遅いですw

 

僕の場合はWindowsのVPSサーバーにインストールして、1日~2日寝かせておいて利用しています。

VPSが無い場合は使ってないノートパソコンとかでも良いでしょう。

 

このサジェストの取得範囲だけでライバルとの差がつくポイントですので、時間・経費をケチってはいけません。

 

また、キーワードプランナーやAhrefsのCSVデータも用意しておいて結合させて使とより広いクエリが拾えるのでオススメです。

クエリに対するライバルの平均文字数から、外注へ発注する記事の文字数を指定

これすごいですね。

単発のツールで作ろうと思っていたものがそのままできているので経費がだいぶ浮きました。
参入するクエリが決まったら、まずはコンテンツスカウターZで10位以内の平均文字数を調査。

平均文字数が少ない(5000以下)ところは比較的参入しやすいですが、10000文字とかになると結構しっかりしたコンテンツとサイト構成にしないと上がりません。

見出構成を引っ張ってくる

クエリに対する検索順位1~10位のHタグを抜いてきてくれるので、他のサイトがどんな構成で記事を書いているのかまるわかり。

つまりこれを●●して、●●してあげれば。。。

ライバルサイトの単語集計から、必要キーワードをざっくり抽出

次に単語集計から、必要キーワードを抽出してきます。

この単語集計でサジェストでは拾えなかったような意外なキーワードが見つかったりするので、サーチコンソールからキーワードを調査するような要領で探していきます。

コメントを残す




CAPTCHA