ネームサーバー(NS) ・レジストラ分散・IP分散サーバーは必要かどうか?

SEOセミナーなどで出会った上級者の方にたまに聞かれる質問です。
自演リンクを打つ場合

・ネームサーバー(NS)
・レジストラ

の分散しているかどうかという事です。

ネームサーバー分散

IP分散は当たり前ですが、IP分散サーバーより普通のサーバーいくつか借りて分散させた方が自然さが出るので良いという結論です。

123サーバーなどは、ns1.●001jp1234.infoなどちょっとスパムチックなNS用ドメインの取得を行っています。
※2017年前半の状況では、以下のような通常のネームサーバの利用が可能になりました。

それよりは、ns1.abcde.comなど普通に使われてそうなドメインを利用したネームサーバー利用の方が確実に自然です。

レジストラ分散

恐らく中古ドメインを、中古ドメイン屋さんやウルフドメイン等で購入した場合はほとんど

『バリュードメイン』に割当られますね。

自演リンクを行った場合、全てのリンクが『バリュードメイン』から送られていた場合は結構不自然です。
ですので、僕の場合はバリュードメインで管理されているドメインは利用後でも良いですが他のレジストラに移管するようにしています。

もちろん国内レジストラでもOKですが、ちょっと前の円安の影響で値上がりしているので管理費は馬鹿になりません。

そこで現在の円高を利用して、海外のレジストラを利用するというのも1つの手ですね。

以前もご紹介しましたが『namesilo』って所は格安ですのでかなりオススメです。
年8.99ドル~でWhois公開代行も無料です。

2016/5/3の為替ですと、950円くらいでしょうか。
2017年現在は円安が進んでいますが、1000円弱とやはりお得です。

国内でこの金額で登録・更新出来るレジストラは知っている限りではありません。

更にデポジットといって、Namesilo内にお金をプールしておけるので
今の円高に便乗して多めの金額を多めに入れておけばしばらくの更新や移管は安泰ですね。

どちらにしても為替の影響を受けますので、今が得かどうかというのは何とも言えませんが
現段階では国内レジストラより海外レジストラの方が確実にお得です。

最低100ドメイン持ってるよーという人はレジストラ分散も考えて活用してみてはいかがでしょうか。

KDDI CPIサーバー ACE01(共用)の改悪が非常に残念。口コミ・評判

無限マルチドメインで、各ドメイン毎に専用IPアドレスが付与される
KDDI CPIサーバー ACE01ですが、 2015年9月29日より、完全に共用サーバーとなり

専用IPアドレスが付与されない=同じサーバー内でドメイン使え

という仕様になりました。
これは非常に残念ですね。。

IP分散できていたサーバーが、もう出来なくなっているのでただのサーバー。
もちろんクライアント向けにサーバー貸出てる所とかは良いかもしれません。
スペックも上がりましたし、セキュリティも強化されました。

しかし、アフィリエイターにとってこの仕様変更は非常に致命的。
契約→仕様変更まで2ヶ月程度だったのでマルチドメインで登録できたIPも10個くらいしか無く
正直、契約している意味すら感じなくなってきました。

とはいえ、サーバー移管が面倒なので
近いうちに商材特典として30名くらい限定で無料貸し出しの予定を考えています。

たぶん、30名くらいのリソースには十分耐えられるサーバーでしょうから。KDDIですし。
CPIサーバー側で確認事項があるので、打ち切りの可能性もありますが希望者がいらっしゃいましたら、先行で予約を行います。

・自分専用のコントールパネルが持てる
・データベース無制限
・ドメインは1個まで(各自お持ち下さい)
・マルチドメイン無し
・速度→めっちゃ早いです。
・WordPressかんたんインストール付き

条件:特定の商材をご購入頂いた方のみ。
契約:弊社とクライアントとしての契約を結んで頂きます。といっても、個人情報登録と電話確認くらいです。

あとは共用サーバーのスペックをご参照下さい。
http://www.cpi.ad.jp/shared/shared_spec.html

以上、非常に残念ですが折角のサーバーですので皆さんと共有して有効活用させて頂ければと考えております。

【Indianet】海外IP分散サーバーのサポートの速さとスペックに驚いた

IP分散はしないよりしていた方が良い。
という事から、海外のIP分散サーバーもいくつか借りています。

その中でも今回のサポートの素晴らしさに驚いたサーバー
Indianet』についてご紹介します。

とあるサイトを開こうとしたところ、WorPressのインストール画面になっていて・・・・・・
嫌な予感が。。。

Cpanelに入ってPhpmyadminから該当のDBを開いてみようとすると、

# 1286 – Unknown storage engine ‘InnoDB’

というエラー。
サイズは1MBほど確認できたがDBが壊れたか、開けないか。
とりあえず、エクスポートしてバックアップを試みるが、開いてみるとエラーばっかり。

これは、DB初期化してキャッシュから記事データとってきてWordPress復旧か・・・萎える・・・
というところでとりあえずサポートに連絡してみました。

俺:DBエラー出てるけど治せない?
→14:41(アメリカ時間)

サポート:治したぜベイベー
→14:47(アメリカ時間)

早っ。こんな早いサポートを受けたのは初めてです。

正直、とても感謝してるを英語で表現したかったのですが、とりあえず

thank you very much.
→14:50(アメリカ時間)

国内も最近は不安定なので、いくつか海外のIP分散サーバーも持ってると良いかもしれませんね。

Indianet

【Indianet】スペック

SEO Hosting Shared IP(共用サーバー)

価格:月30$(3600円くらい)
IP:10個
転送量:IP毎に月10GBまで
NS分散:あり
マルチドメイン:1IP5個まで
データベース:無制限
ハード:SSD/RAID 10
速度感:海外にしては早い(ping 100程度)→Skynetの3倍速い

3年前に借りてずっと使っているので、信頼はしていましたがさらに信頼度がアップ!
申し込みは当時と変わってなければ、2ドル側の契約をして、あとからサポートにIP付けてというと1IPあたり1ドルで合計1IPあたり3ドルという計算。
わからなければコメントください。

マルチドメインの個数制限は気になりますが、1IPに30個とか入れてるとサーバーに怒られる・不安定(特にWordpressなど)になるので適切な量かと思います。
CPIサーバーもマルチでのドメイン配布をやめた中、NSも分散できてと考えると良い選択肢ではないでしょうか。