アフィリエイターの【決算対策】節税出来るポイント

今年で法人2期目を無事終えられそうなのですが、
最終的な利益が少しだけ出そうなので法人アフィリエイターの為の決算期の節税対策をいくつかご紹介したいと思います。

・利益がかなり多く出そうな場合はPPCで一気に消化がオススメです。アフィリエイトの収益確定は確定日ベースなので、期末に一気にぶっこみ翌年の最初に売上を立てておきます。

・ホワイトハット系SEOへの投資。利益率が高いSEOで回収が出来た年度は、長期的に見たホワイト系のSEOの記事やサイト作成費用に回すのも良いでしょう。

・中古ドメインを買い漁る。ペンギンだパンダだと言われていますが、一応オールドドメインは未だ効く様子。

・純利益800万以内なら、あえて使わず翌年に持ち越す。節税だけでなく、あえて法人内でプールしておくのも1つの手です

・サーバー費用、ツール、テンプレートに投資。(やっぱりあると便利です)

・高額セミナー・有料会員系に申し込む。最近はあんまり良さそうなのはありませんが、LFM・LFMプレップやAMCは仲間も出来るのでオススメです。

うちはとりあえず、ホワイト系の記事を30万ほど。中古ドメインは70万ほど。サーバー・ツール・テンプレートで20万くらいで押さえておきました。
最後に計算ミスで赤にするのが嫌なので。。。

この投資した金額でいろいろとごにょごにょ実験する予定です。
今後の記事にもご期待下さい!

クラウド会計ソフトfreee(フリー)法人版にしました。

freee

やっぱ使いやすいですね。freee
個人事業主の時から、利用していたのですが法人化後にデータの移行が
まったくわからず『個人事業主版』のまま使い続けていました。

freee専属の税理士さんに変更を行った所、データ移行も可という事ですので。

まとめてお願いする運びとなったのですが、
やはりfreeeユーザーで移行経験があるという税理士さんはなかなか居ないのではないでしょうか。こちらも少しアタフタしながらも現在移行中です。

会計ソフト『MFクラウド』という選択肢もあったのですが、個人事業主版の時の金額が高い+使いづらかった。
ので、こちらを使うという選択肢になりました。

さすがGoogleの元社員が立ち上げた会社だけあって、設計・インターフェイス・アルゴリズムなどがしっかりした感触を受けました。
あとサポートが素晴らしいです。

①このカード同期できないんだけど、同期させてから→2週間後
→同期できます!

②データのインポートできないんだけど。。。→数日後・・・
→サポートによる手動インポート搭載

みたいなやりとり。
ユーザーの声をすぐに反映させるのって、
プログラム及び人件費上すごく大変な作業なのにそこに紳士に取り組む姿勢に感激しました。

ここで以後5年後の会計について考えていたのですが、たぶん会計事務員1人=freeeでまかなえるレベルになると考えています。

会計事務員の給与=年間240万
freee+会計代行=年間10万くらい(自分でやれば年2万円。。)

というコストカットを予想しています。
その分、他の部分に投資出来るのってかなり重要ですよね。

じゃぁ会計事務員をクビに。。。というのは考え物ですが
いろいろな所がオートメーション化されていく現代社会ってなんか面白いの一言です。

それでは、今後のfreeeに期待をし今後もアフィリを頑張っていきましょー

【アフィリエイターと税金の話】freee専属の税理士に変更したので書いてみた

法人アフィリエイターとして2期目を迎え、やはり税理士は必要だなーと痛感したので書いてみます。

会計ソフトはfreeeを使っているので、やはりfreeeが分かる税理士事務所さんが良いなと感じ、1期目の税理士さんとの契約終了後に新しい税理士さんに変更しました。

カード明細が自動で上がってくるので、帳簿付けがかなり楽ですね。『freee』は。現金の領収書はトッテオクールとか使えばかなり経費削減ですね。

アフィリエイターとして、法人化をする目安は大体『年商1000万円』。

もし、あなたが専業アフィリエイターで無い場合は1000万+給与所得が今年の所得になるので、

所得税200万円+住民税100万円+国民健康保険MAX+事業税80万円とかで
3期目あたりで破産する可能性も十分あります。

もちろんPPCアフィリエイターとSEOアフィリエイター・インフォ系アフィリエイターでは利益率が違うのでその辺の計算もありますが

500万くらい利益上がるなーって時は、やっぱり法人化は必須です。

そんな方は早めに税理士に相談して、契約しちゃいましょう。
起業時に25万程度。顧問契約で30万~50万くらいですが、適切な節税対策をすれば元はすぐに取れます。

株式会社でも合同会社でもどちらでも良いですが、ASP側からの印象からすると株式の方が圧倒的に有利な印象。

 

また、法人化のアフィリエイター目線のメリットはいくつかあります。

①収益の分散化によって、実効税率を下げる事が出来る。

②使える経費の幅が増える

③2年間の免税期間がある

④取引先への信頼感が増す

⑤赤字を繰り越せる(確か、個人事業主より年数が多かったと思います)

⑥自分を追い込める(背水の陣)

 

などなどです。

 

逆にデメリットもあるのですが、

①法人税の均等割がかかる(年7万くらい)→代わりに個人事業税がかからないので。。。

②営業利益を減らす為に、投資をしっかり行わなければならない。(出来れば800万以内に抑える)
※もっと大きい規模のアフィリエイターの方は、ガンガン投資&ガンガン営業利益を出して構いません。

③急激な収益の減少が数年続くと、面倒。

というざっくりとした説明です。

 

僕の場合、1期目に個人事業主扱いになっていたようで青色申告も出しておらず。

たくさんの税金を払ったのですが(それはそれで、国のお役に立ててるので良いのですが)

2期目(法人1期目)で払った税金は、たぶん。前年の1/3くらい。

だいぶ得しましたね。

 

とは言え、この時点ではステップの第一歩。

これからもお国のお役に立てるよう、一杯経費を使っていっぱい売上立てたいなと感じる今日でした。